Pacemaker

はじめに

KVM仮想化クラスタの構築を作っていきます。前回は、クラスタ環境の構築までを行いました。
本記事では仮想マシンを作成、OSにインストールを行い、クラスタ化するところまで行います。

OS環境構築
DRBD-S ...

Pacemaker

はじめに

KVM仮想化クラスタの構築を作っていきます。前回は、仮想環境の構築までを行いました。
本記事ではPacemaker/Corosyncを導入してクラスタ環境を作成するところまでを行います。

記事の構成は次の通 ...

Pacemaker

KVM仮想化クラスタの構築を作っていきます。前回は、DRBD-SDSの構築までを行いました。
本記事ではlibvirtを導入して仮想基盤を作成するところまでを行います。

記事の構成は次の通りです。

OS環境構 ...

Pacemaker

はじめに

KVM仮想化クラスタの構築を作っていきます。前回は、OS環境の構築までを行いました。
仮想マシンのディスクは、DRBDのディスクを使って構築していきます。本記事ではDRBD-SDSを構築していきます。

記事 ...

Pacemaker

はじめに

「最も簡単なSDS運用方法」では、DRBD-SDSを使ってKVMを構築する事例が載っています。しかし、この記事ではクラスタの設定までは記載されていません。

本記事ではクラスタとしてPacemaker/Corosyn ...

Linux

はじめに

pvcreateで/dev/sdXに物理ボリュームを作成しようとしたところ、「Device/dev/sdX excluded by a filter.」というメッセージが表示され、物理ボリュームが作成できませんでした。 ...

運用

はじめに

自宅のCyberPower社のUPSが経年劣化で壊れてしまったので、再度CyberPower社のUPS(CP750SWLT JP 750VA/525W)を購入しました。

CyberPower社のUPSはUSB接続で ...

運用

はじめに

非インターネット環境でOracleRACの評価を行うことになりました。OracleRACはインストール時にchronyの設定が適切にされているか、厳密にチェックします。また、上位となるNTPサーバが信頼できる時刻が提供できるこ ...

Docker

はじめに

dockerのコンテナにアクセスするには、ポートフォーワードして接続するのが一般的です。

Ubuntuでは「libnss-docker」というパッケージがあり、インストールすることによって「コンテナ名.docker ...

Linux

はじめに

CentOS8のインストールでストレージをカスタムでインストールすると、パーティションはディスク全体を使わずに余りのパーティションが出てしまいます。

この記事では余りの領域を/dev/vda3に追加して、こんな感じ ...