【CentOS8】ReaRを用いたオンプレのシステムリカバリを行う

Table of Content

広告

はじめに

ReaR(Relax-and-Recover)とはLinuxシステムのバックアップを実装するための管理ツールです。OSを含めた全てのデータをバックアップすることができます。ハード障害などの緊急時に利用するブート可能なDVD・USBメモリを作成し、OS丸ごと復旧するのに利用できます。

この手の管理ツールで良く使われるのが「Mondo Rescure」ですが、ReaRはRHEL,CentOSに標準でパッケージが提供されています。今回はCentOS8からReaRを使ってUSBメモリにバックアップを行い、出来上がったUSBメモリからブートしてリストアする手順を紹介します。

必要なパッケージのインストール

必要なパッケージrear,syslinux-extlinux,grub2-efi-x64-modulesをインストールします。

sudo dnf install rear syslinux-extlinux grub2-efi-x64-modules

バックアップ

USBメモリの準備

USBメモリのEFIのパーティションが、デフォルト200MBなので容量不足になります。
/usr/share/rear/conf/default.confで以下の通り修正します。

USB_UEFI_PART_SIZE="200"

USB_UEFI_PART_SIZE="500"

USBメモリをrearコマンドでフォーマットします(USBメモリを/dev/sdbとします)。

sudo rear format -- --efi /dev/sdb

ここで以下の様なフォーマットの確認画面が求められます。

USB device /dev/sdb is not formatted with ext2/3/4 or btrfs filesystem
Type exactly 'Yes' to format /dev/sdb with ext3 filesystem
(default 'No' timeout 300 seconds)
Yes ←'Yes'と応答すること。'yes'ではエラーになります。

ls -al /dev/disk/by-labelコマンドでREAR-000が出来上がっているのを確認します。

設定ファイルの編集

/etc/rear/local.confに以下の内容を追加します。

OUTPUT=USB
OUTPUT_URL=usb:///dev/disk/by-label/REAR-000
BACKUP=NETFS
BACKUP_URL=usb:///dev/disk/by-label/REAR-000
GRUB_RESCUE=1

バックアップの実行

以下のコマンドでバックアップを取得します

sudo rear -v mkbackup

以下のメッセージが表示されRunning exit tasksが表示が確認できればバックアップ完了です。

Relax-and-Recover 2.4 / Git
Using log file: /var/log/rear/rear-centos8.log
Using backup archive '/tmp/rear.nMEGGTDT9QUzXgC/outputfs/rear/centos8/20200928.0831/backup.tar.gz'
Using UEFI Boot Loader for Linux (USING_UEFI_BOOTLOADER=1)
Creating disk layout
Using guessed bootloader 'EFI' (found in first bytes on /dev/sda)
Creating root filesystem layout
To log into the recovery system via ssh set up /root/.ssh/authorized_keys or specify SSH_ROOT_PASSWORD
Trying to find what to use as UEFI bootloader...
Trying to find a 'well known file' to be used as UEFI bootloader...
Using '/boot/efi/EFI/centos/grubx64.efi' as UEFI bootloader file
Copying logfile /var/log/rear/rear-centos8.log into initramfs as '/tmp/rear-centos8-partial-2020-09-28T08:31:33-04:00.log'
Copying files and directories
Copying binaries and libraries
Copying kernel modules
Copying all files in /lib*/firmware/
Creating recovery/rescue system initramfs/initrd initrd.cgz with gzip default compression
Created initrd.cgz with gzip default compression (246271560 bytes) in 20 seconds
Saved /var/log/rear/rear-centos8.log as rear/centos8/20200928.0831/rear-centos8.log
Setting up GRUB_RESCUE: Adding Relax-and-Recover rescue system to the local GRUB 2 configuration.
GRUB2 modules to load: ext2 fat part_gpt
Finished GRUB_RESCUE setup: Added 'Relax-and-Recover' GRUB 2 menu entry.
Copying resulting files to usb location
Saving /var/log/rear/rear-centos8.log as rear-centos8.log to usb location
Creating tar archive '/tmp/rear.nMEGGTDT9QUzXgC/outputfs/rear/centos8/20200928.0831/backup.tar.gz'
Archived 836 MiB [avg 15578 KiB/sec] OK
Archived 836 MiB in 56 seconds [avg 15300 KiB/sec]
Exiting rear mkbackup (PID 85831) and its descendant processes
Running exit tasks

リストア

バックアップを取得したUSBメモリから起動します。ログインプロンプトが出てくるので、rootでログインします。


rootでログインしたあと、下記コマンドでリストアを行います。

rear recover

色々と質問されますが、全て1.Confirmn ...で応答してください。

リストアが完了したらリブートでOSを再起動します。