VSCodeでXdebugが動かない…

Table of Content

広告

はじめに

「VSCode Remote Container」とPHPでプログラミングしていますが、Xdebugが動かなくてデバッグが出来ない事象に悩まされました。2020/11/25にXdebug3がリリースされ、その時期からXdebugが動かなくなった模様です。

Xdebug3からiniの書き方が変わったので、ネットに出回っている書き方だとうまく行きません。本記事ではXdebug3ではどの様にiniを記述するのか。それに対応したlaunch.jsonの書き方についてまとめてみました。

Xdebug3での新しいini

ネットで出回っているiniの記述は以下の通りかと思います。

xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_connect_back=1
xdebug.remote_host="localhost"
xdebug.remote_port=9001

Xdebug3でのiniは以下の通りとなります。

xdebug.client_host=localhost
xdebug.client_port=9003
xdebug.idekey=PHPSTORM 
xdebug.mode=develop,debug
xdebug.start_with_request=yes

VSCodeのlaunch.jsonはこうなる

先程のiniファイルに対応したlaunch.jsonは以下の通りとなります。

{
    // Use IntelliSense to learn about possible attributes.
    // Hover to view descriptions of existing attributes.
    // For more information, visit: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "name": "Listen for XDebug",
            "type": "php",
            "request": "launch",
            "port": 9003
        }
    ]
}

さいごに

Xdebug3になってiniの書き方が大分と変わっています。
最新の情報でphpのデバッグライフを楽しみたいですよね。